特定口座と普通の証券口座の比較

証券口座における特定口座というものを御存じでしょうか?この特定口座を普通の口座と比較してみますと、その便利さが良くわかります。まず、税金の計算を自動的に行って源泉徴収をしてくれますから、わざわざ自分で税務署に確定申告をしに行く必要がなくなります。

産経ニュースの人気が上昇しています。

ですから、普通のサラリーマンで確定申告の経験がない方にとっては、普通の証券口座を利用して確定申告を自分でしなければならない場合と比較して非常に便利であると言えます。なお、この場合の税金には譲渡所得税と利子所得税の2種類がありますが、特定口座ではどちらの税金も自動計算で源泉徴収をしてくれます。



しかし、例えば、利子所得はプラスだけれども譲渡所得のほうはマイナスになってしまっている場合などがあります。

証券口座の比較関しての情報探しを行うならネットが便利です。

この場合、利子所得のほうの税金が源泉徴収されてしまうと損をしてしまうような気がしますが、特定口座では利子所得と譲渡所得の損益通算をしてくれますので、このようなことも起こりません。

つまり、例えば利子所得がプラス100万円、譲渡所得がマイナス100万円であったならば、通算の所得は0円となり税金を徴収されることはないのです。
また、最近始まったNISAの非課税枠なども自動管理してくれますので、安心してNISAの運用をすることができます。

このように、証券会社の特定口座を普通の証券口座と比較してみますと、便利な事が非常に多いということがわかりますし、多くの方が特定口座を使用されています。